メニュー

輸入感染症(渡航関連感染症)Travel-related diseases

 輸入感染症とは、その国内には常在しない、または既に撲滅された感染症で、他の国や地域から持ち込まれた(多くは現地で感染したヒトや食品によって持ち込まれた)病原体による感染症の総称です。海外渡航に関連することが多いことから、学術的には渡航関連感染症(Travel related infectious diseases)と呼ばれます。

 総合病院などでは一般的に感染症内科が診療を行っていると思われますが、たとえ大きな病院でも専門診療科がない場合には診てもらえないこともあるかもしれません。また、特殊な病気であるかどうかを判断するためには、大きな病院を受診すれば解決するとは限らず、当院のように輸入感染症の診療経験のある専門医を受診することが望まれます。すなわち、病院の規模ではなく診察する医師の知識や経験がポイントになります。

 当院の専門は感染症内科、特に輸入感染症は最も得意とする領域ですので、まずはご相談下さい。大学病院やナショナルセンターと同等あるいはそれ以上の情報提供、診療所でも可能な検査、治療を行うことができます。これまでの経験からみても、実際に入院を必要とする渡航関連感染症は1-2割程度と見積もっていますが、診療の結果、入院や精密検査が必要とされる場合には、速やかに信頼できる専門医療機関へのご紹介を致します。

 診療可能な主な輸入感染症

  • 渡航者下痢症
  • マラリア
  • デング熱
  • チクングニヤ熱
  • ジカウイルス感染症
  • 腸チフス・パラチフス
  • レプトスピラ症
  • リケッチア症
  • ライム病
  • 回帰熱
  • トリパノソーマ症(アフリカ睡眠病、シャーガス病)
  • 細菌性赤痢
  • コレラ
  • アメーバ赤痢
  • ジアルジア症
  • クリプトスポリジウム症
  • 住血吸虫症
  • 腸管寄生虫症
  • 狂犬病発症予防接種 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME