メニュー

減圧症 Decompression sickness

減圧症の分類

 スキューバダイビングなど、水に潜ることによって起こる健康被害を潜水障害と言います。主な潜水障害には窒素酔い、圧外傷性中耳炎、減圧症などがあります。減圧症(Decompression sickness; DCS)とは、スクーバダイビングの後に身体の組織や体液に溶解していた気体が環境圧の低下により体内で気化して気泡を発生し、血管を閉塞して発生する健康被害です。減圧症には、関節や筋肉に痛みまたは違和感(ベンズ)が出現するⅠ型減圧症(皮膚型)と、中枢神経が障害される型(中枢神経型)、眩暈を起こす型(メニエール型)、呼吸困難や胸痛などの胸部症状を起こす型(チョークス)などがあるⅡ型減圧症に分類されます。一般的にはⅠ型減圧症は軽症型と理解されますが、しばらくしてから中枢神経症状が出現することもあるので、注意が必要です。

減圧症の危険因子 

 潜水障害を起こす平均年齢は20-30歳代が約90%ですが、潜水死亡は慢性疾患を持つ40歳代以上のレジャーダイバーに多くみられます。減圧症の発症時期は潜水終了後より数時間から数日以内ですが、重症であるほど早期に起こりやすい傾向にあります。減圧症の発症危険因子として、40歳以上、飲酒、脱水、疲労、冷え、激しい運動、月経、20℃未満の水温、30m以上の水深、1日3本以上の潜水、急浮上、浮上後の400m以上の高所移動や18時間以内の航空機搭乗などが挙げられます。

減圧症の治療 

 減圧症の治療は、100%酸素を圧力の高い空間(高気圧治療装置)で吸入する高気圧酸素療法(Hyperbaric oxygen therapy; HBO)または再圧治療(Recompression therapy)を行います。高気圧酸素療法は、2絶対気圧(大気圧の2倍、水深10mの圧力)で1時間以上100%酸素を吸入することと定義されており、窒素気泡を再溶解させる作用、窒素を身体から排泄させる作用、虚血部へ酸素を供給させる作用があります。本治療は、減圧症以外にも一酸化炭素中毒、ガス壊疽など嫌気性菌による重症感染症、末梢血行障害などにも利用されています。

 当院では高圧酸素療法はできませんが、スキューバダイビングを行う際に必要な診断書の作成、減圧症の診断および専門医療機関のご紹介を行っています(すべて自費となります)。また、スキューバダイビングをされる方へ医学的アドバイスだけではなく、お勧めのダイビングサイトのご提案などもインストラクターの立場から行っていますので、お気軽にご相談下さい。

* 当院はDAN JAPANの DD NET 協力医療機関です。

* 減圧症に関する診療・相談はすべて自費(¥3,000)となりますのであらかじめご了承下さい。

 

* PADI 病歴/診断書はこちら

 

 <高気圧治療装置> *パプアニューギニアの診療所で撮影 

 

 

 

 

 

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME