メニュー

海外から帰国後の診療 Post-travel consultation

 海外から帰国後に体調不良がある方や、感染症がご心配な方の診療を行います。総合病院などでは一般的に感染症内科が診療を行っていると思われますが、通常は紹介状が必要で専門診療科がない場合には診てもらえないこともあるかもしれません。当院の専門は感染症内科であり、紹介状は必要ありません未知の感染症の可能性を考慮し、ご来院前に必ずご一報・ご相談下さい。

 海外から帰国後であっても、熱帯感染症など特殊な病気である可能性はそれほど高くはなく、国内でよくみられる腸管感染症や呼吸器感染症が半数程度です(自験例:グラフ参照)。しかしながら特殊な病気であるかどうかを判断するためには、大きな病院を受診すれば解決するとは限らず、当院のように輸入感染症の診療経験のある専門医を受診することが望まれます。すなわち、病院の規模ではなく診察する医師の知識や経験がポイントになります。

 症状がある場合は保険診療で行います。症状がない場合でも疑わしい感染症の可能性があれば積極的に検査をご提案します。

 *院長が取材を受けた帰国後体調不良に関する記事 https://toyokeizai.net/articles/-/37210

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME